9/4(木)

普通の生活がしたい、ただそれだけ(2012年宜野湾市)
普通の生活がしたい、ただそれだけ(2012年宜野湾市)

▼沖縄の基地負担軽減を叫びながらオスプレイを強行配備し、辺野古の大浦湾埋め立てを力づくで進める日米両政府の姿はおぞましい。強者が弱者の人権を踏みにじる行為ほど見苦しいものはない。

▼今、稲嶺進氏と翁長雄志氏がいなければ県民の心は折れるかも。権力者が屁理屈をこねるなか、両氏の真摯な態度がきわだつ。仲間割れこそ権力者の思う壷。ここは島ぐるみ、オール沖縄で闘うしかない。あの海を失えば卑屈になるだけだろう。