♪盤外編5 琉球交響楽団 第30回定期演奏会

今年で15周年を迎えたとのこと



【番外編5】
琉球交響楽団 第30回定期演奏会

復活してからドゥーム、ブラック、デスメタルと
ちょっと重くなってきたので、気分を変えて。

先日告知した、琉球交響楽団の第30回定期演奏会。
行ってきましたので、その感想を。
曲目は、荻森英明の新曲委嘱作品「航海記」とベートーヴェンの第九。

CDよりライヴのほうが好ましいのは、どのジャンルでもそうなんだろうけど、
アンプ通して電気的に音を大きくする軽音楽とか比較すると、
やっぱりクラシックとかは、もろに生の楽器なので、それだけで違う。
知ってる曲だからというのもあるけど、なるたけ観たほうがいいなぁと。

琉響の音自体は、以前(第27回定期)聴きに行った時も思ったけど、
なんとなく湿度の高い感じ。キビキビした演奏よりも、みんなでワーってとこが得意なような。
やっぱり沖縄だからですかね? 個人の感想だけど。
そういう意味では、新曲委嘱作品の「航海記」は相性良かった感じ。
大友直人の指揮は、なんかタメ…というか休符を心持ち長めに取ってる気がした。なんとなくだけど。

正直な話、第九の構造はよくわからないのだけど(特に第四楽章、各楽章の主題がうんたらかんたらとか)、
やっぱり好きな曲だし、良かった。このレベルの演奏を沖縄で聴けるというのはありがたいと思う。

というわけで、次回の定期演奏会はSF映画特集的なのらしい。
伊福部昭のSF交響ファンタジーかぁ。これは行ったほうがいいだろうなぁ。

,