8月8日(木)

14-8-8

 はいさいみなさん、暑い日が続きますね。引き継いだばかりのこのコーナー、早くも遅れぎみ、ごめんなさーい!ワケがあったのさ。(いきなり北海道弁になる。)九州にいる大学生の長男がなんと食中毒で入院。当初高熱と下痢の原因が不明とのことで、とりあえず長崎に飛んだら灼熱の太陽の大歓迎!

 いや、ユルクないね、あの暑さは。札幌に移り住んで以来7,8年ぶり、日焼け止めも気休めとばかり、顔から体から汗がジワジワと湧いては流れ落ちる(プール後のサウナでも汗が出にくい体質なのに)ホンマモンの夏。親戚宅に居候させてもらい、ワーシワシワシワシワシワシ…ジャゴロ(長崎弁でアブラゼミのこと)の合唱がBGMになって耳に残った10数日。家では今が旬のアゲマキガイ(絶品!)、シャコ、イイダコ、カワハギなど、海の幸をごちそうになった。病院通いの間にはしっかりグラバー亭、孔子廟など観光もして(はるばるヒコーキで行ったのに病院の往復だけじゃもったいないもんね!)新地中華街で食べたちゃんぽんもうまかったねえ!

 長崎は沖縄とも少し似通ったとこのある町で、昔からの国際都市、生活にも中華テイストが色濃く残る。有名な精霊流しや蛇踊りなんかの行事に限らず、例えば、来客時に日本の家庭なら寿司をとるところ、長崎じゃ皿うどん!でーっかい大皿にどおんと豪快に盛ったのをみんなでばりばり食べる。なんとチャイニーズ!何度か訪れてはいるけれど、住んでみればまたなぞに満ちた発見の日々だろうな。

 長崎は面白かとこばい!ということで、今回は、はまなすではなく、ジャゴロ便りでした。

,