10月19日

14-10-19

 雪虫が舞い飛び、遠くの山に白いものが…札幌も冬に刻一刻近づいている。

 先週はオノレの体力省みず無謀にも札幌ドームまでチャリで行ってしまった。半分以上過ぎた西岡の上り坂あたりで、ついに目の前がちらちらと…やばい!降りて水分補給、休憩タイム。22条のわが家からドームへは羊が丘に向かってえんえん登っていくことになるんだよね。加えて、家を出たときからかなりの向かい風、ひいいと思いながらも、運動不足とは言え、基礎体力、運動能力、筋力で圧倒的に勝っている夫はどんどん進むし、待ってくれい!風除けにならんかいっ!と追いかけたが、力及ばず。「ここからなら帰りはラクぜ。今日はやめて戻るか?」「いや!せっかくここまで来たのに!ちょっと休んで押して登ればいいから!」結局坂の頂上まで押して歩き、なんとか目的地に無事着くことができた。

 この日は自衛隊の北海道部隊?50周年イベントが開催されていて、チケットをもらったので、初めてドーム内部を探検に来たわけ。

 外からは何度も見ているけど、ばかでかいよ!比べるものといえば福岡ドーム(レストラン、店舗もあってけっこう楽しい)しか知らないけど。中はにぎやかにいろんな店が入ってるのかと思ったら、ただ空腹を満たすだけといったファーストフード売店いくつかとドーム、コンサドーレ、ジャイアンツグッズのワゴンがあるくらいで、イベント以外の楽しみがまるでない。これだけのスペース作りながら、イベントの日は展望台もレストランもやってないなんて。おまけに中は異様に薄暗いし。

 こんなん、つまらーん!と自衛隊のセレモニーはすっとばして、銃を持っての訓練(組み手?)と各部隊対抗の棒倒しだけ見て帰った。子どもたちが成人してしまい、運動会とは縁がなくなったので、棒倒しのような肉弾戦見るのは久しぶりで面白かった。

 思ったけど、運動会って、つくづく、軍隊式なんだよね。特に、私の育った九州ではまるっきりそう。子供の頃、なんで運動会のために授業つぶして毎日マイクでぎゃあぎゃあどなられながら行進や体操の練習をやらないかんのか、不満でしょうがなかった。体育嫌いがますますつのったね。思い出してもいまだにハラが立つ。小中高校と、公立で同じような運動会を毎年毎年、よく耐えたもんだ。

 ぐちっぽくなってしまったけど、今回、面白い光景も発見。自衛隊の幌トラックの荷台でヤカンをのせた石油ストーブを囲んで隊員たちがくつろいでいたので写真とらせてくださいというと快く受け入れてくれた。トラックの横の地べたで毛布にくるまって寝ている人も見た。

 自衛隊ねえ、災害時は頼もしいけど、戦争協力は絶対反対!!

 帰りは下り坂を快調に飛ばし、途中で見つけた新しい回転寿司の店でうまい昼食にありついた。(ドームで間に合わせのファーストフード買わなくて正解!)

 次回予告!九州編です。

,