11月14日

14-11-14

 雪!今朝の気温はベランダで-4℃だった。昨年は確か11月に根雪になってしまったけど、今年はどうなるんだろ。もう8年も住んでると、雪や寒さに対して恐れはあんまりなくなって半道産子化したと自分では思っているのだが、夫に言わせれば、「へっ、ぜーんぜんそんなことない。」「ほーら降ってきた!寒いぜー。どーする?」などとおどかす。

 確かに、当初転勤で3月末に福岡から来た時には、降りしきる雪と経験した事のないマイナス何℃という寒さに、打ちひしがれていた。-5℃以下の日に外出すると体の機能がだんだんと停止していく感じで、本やマンガでしか知らなかった、「寝るなー!眠ると死ぬぞー!」というのが、実感できてオソロシかった。九州、沖縄で育った息子らも雪はうれしいけど(南国人のアコガレだもんね!)、吹雪は泣きたくなるとぼやいてた。

 それも数年暮らすうちになんとか慣れ、暖房の効いた室内や町が守ってくれるとわかると、けっこう心地よく冬を過ごせるようになった。

でも、半年雪に閉ざされるのはやっぱり長いよね。真冬には2時半でもう日が傾き、3時半にはすぐそばの藻岩山に日が沈むとなると、一日は短い。北国の子どもは損だなあ!と思ったね。だって、九州だと、夏なんか7時まで明るいから外で遊べるもんね。(小学生の頃はさすがに6時ころは家にいたような気がする。)と言うと、福島県出身の夫は「そんなことはない!4時ごろは家に帰った。」あ、その代わりで今は遅いワケね?

まっ、それはさておき、人格形成期にそのくらいの環境の違いがあると、やっぱ、かなりの影響があるはず。というところで、私のテーゲーも、育ちのせいにしておこうっと。

雪がやんで明るくなってきた。ブーツを出して出かけるかな。

,