2月16日

15-2-17

 カメ(クサガメ)を室内で放し飼い状態にすることにした。水中でほとんど寝てばかりの冬越しだった結果、9年の札幌生活でカルシウム不足になったので、寝せずに暖めてエサを食べさせるようにせねば、と方針を変えたのだ。

 思えば10数年、沖縄、福岡、札幌と、よくついて来た(連れて来た)なあ、キミ、よくがんばって生きてきたねえ。仲間は一人福岡で冬に衰弱死。もひとりの仲間とキミとは、庭の囲いの枯れ草、泥の中で毎年冬眠越冬し、春にはちゃんと出てきたよねえ。ダンゴ虫やら,ヒルやらミミズやら、別の水槽で不幸にも息絶えた小さな魚(海のもの、川のもの)も食べたねえ。

 キミより大きくて、元気のいいヤツは、札幌に越して来て何年目かのある日、ベランダのカメハウスの網を抜け出して冒険に出たまま、戻らなかったね。マンションに張り紙をして探したら、車に轢かれたカメらしいものをゴミ捨て場で見たと親切に知らせてくれた人がいた。キミはその後も大きくなって(平均よりは小柄だけど)、飼主の怠慢で前足に変調をきたしてしまったのだよね。

 だから、この冬はせっせと栄養補給にエサをやる。

 プールに水槽用のヒーターを取り付けたら、初め、温かいので足を乗せていたが、しばらくすると、低温やけどになりそうだったのか、慌てて、その足を口で引っかくようなしぐさをしたので、鉢底ネットを切ってカバーを作った。夜、ストーブを切って室温が下がると、ヒーターに顔と手を乗せて当たる格好で寝ている。

 これだと、体温が保たれて食欲旺盛なのだが、困ったことに、食べりゃ出る。カメはウンコがでかい。クサガメって名のとおり、温い水から立ち上る臭気はちょっと…ワタシでもゴメンって感じ。そこで、インターネットのカメ関係を見たら、けっこう、放し飼い派もいるので、(大分の友人も、水換えの手間よりラク!と)昼間はケースから出すことに。カメは臆病だけど好奇心が強い。始め数日はあちこちと歩き回って探検していた。しかし、すっかり様子がわかってしまうと、安心したのか、このごろではストーブの吹き出し口前に陣取って手足を伸ばし、くつろいでいる。顔が乾くと手でしきりにこするので、水飲み場を作ったら、頭をつっこんで時々ごくごく飲む。ひっくり返っていた右前足もだんだん元にもどってきたようだ。

 落ち着かない様子で走り回っている時は多分ウンコなので、プラスチックの水オケにぬる湯をはっていれてやると、ぼわーと脱糞。いつも見張ってるわけにいかないので、カメトイレに登れるように仕掛けを作ってみた。昨日、外出から帰ったらトイレにウンコ、本人はストーブのそばでうずくまって寝ていた。えらい!ちゃんとできたねえ!

 と、長年飼っていても、新たな発見と変化がみられるのが生き物の面白さ!飼われてる方にとっちゃどうだかわからないけどさ、ま、付き合ってくれや。

,