NACS-J自然観察指導員講習会・大分

16-8-28

 日本自然保護協会(NACS-J)の指導員の養成講座は年10数回日本各地で開催される。今年は大分でも開かれた。で、弾みで野外指導実習の講師として参加する事になってしまった。

 5月の総会で「今年は講習会があるので講師として手伝ってください。」という呼びかけが代表のI氏からあった。声をかけられたN嬢が謙遜して「講師なんてとても、受付ならできます。」というと「受付は若くてきれいな人がするのです。」とI氏。あわやセクハラ発言と思っていると、その場にいたほとんどの女性が「受付をします。」と手をあげた。手を挙げるのが遅れてしまったというか、当日予定が無かったので講師となった。

 講習会は2泊3日で行われ、講習の仕上げとして、ミニ観察会を実際に行う。その指導とコメントが私の仕事だ。私の受け持ったグループは若い男女3人と中年の男女2人の5人グループだ。一人ずつリーダー役で観察会を行う。残りの4人は参加者の役。持ち時間は一人5分前後。

 真新しい指導員の腕章を手にして野外に出る。14年前のドキドキした自分を思い出す。

みんな上がってる様子もなく、たんたんと進めていく。すごいな~と見ている。

 若いO君の観察会は小学校5年生相手という設定。「土壌生物について」の話が始まった。とたんに中年二人組みの参加者役が「どじょうは土の中にはいないよね~。」「川にいるんだもんね~。」とやりだした。5年生役になりきっているというか、完全にO君は押されている。「お話ばっかりでツマンナイ。」「ここは暑い。」と続く。とても初めて会ったとは思えないコンビネーション。すごくいいツッコミだと思うがO君は当惑顔。それでも最後まで「土壌」の話を続けた。5年生相手だもん、「地面の中」と言えばよかったね。

 このあと、アリの行列をモチーフに使おうとしてたら、下見の時にいた行列が無くなったなどのハプニングもあったけど和気藹々と5人のミニ観察会を終える事ができた。後でたずねたら、皆さん、すごくドキドキしたとのこと。奥様ににらまれるより怖かったというリアルな感想ももらった。

 講師の反省会では、総じて若い人の方が元気がないということが話題になった。代表のI氏が「歩留まり、歩留まり、、。」と念仏のように言っている。指導員の資格を取った人が実際に活動してくれるかどうかのことだ。私が担当した5人が活動開始してくれるといいな。

,