カエルの話

17-8-11

 夏は小学校の観察会の季節だ。声がかかる小学校はどこも川での観察会。暑いしやっぱり川というのは分かるけど、水生生物の多くはもう孵化して水の中にはいないので、もうすこし早い時期に企画してくれないかなと思う。

 で、観察会の時、講師の挨拶がある。そのとき「カエルが大好きです。見つけたら教えてね」と声をかけておく。カエルに限らず大勢で川の中に入ったら思いがけないものが見つかって、やった!と思うことがたくさんある。スナヤツメ(ウナギの仲間、これは貴重種なので新聞にも載った)ナマズ・ウナギいろんなものを子どもたちは捕まえる。

 7月に田尻小学校の3年生と蕨川を探検した。蕨川は学校のそばの小さな小川だけれど、水はきれいでたくさんのサワガニがいる。川は初めて、カニを触るのも初めてがほとんどの3年生と川に入る。「いないよ!」と騒いでいた子どもたちも分かってくるとたちまちバケツの中がサワガニだらけになる。魚の稚魚やモクズガニやアメンボも捕まえている。

 「カエル捕まえたよ」と持ってきてくれたカエルをみるとなんと「カジカガエル」。写真を撮ろうとするとカメラ目線をするアマガエルと違ってカジカガエルは足音がしただけですぐ隠れてしまうシャイなやつ。よく捕まえたな~。よっぽどドンなやつじゃ(大分弁でとろいこと)。うれしくなって写真を撮りまくる。

 子どもたちにカエルの話をする。おりよく「フィフィフィー」ときれいな声でカジカの鳴き声がする。セミに似た声なので子どもたちもにわかには信じられない様子。仲間がいなくなったので探してるのかもしれないねと、しぶしぶ逃がす。

 後日、3年生からもらった感想文に「わたしもカエルがすきです。カジカガエルはとってもいい声でなきましたね」というのと「私はカエルがだいっきらいです。私がなぜカエルがきらいなわけは、おなかのところがきもちわるいからです」というのがありました。ふふふです。

,