『ウチナーグチ入門』

『月刊琉球』2月号(株)Ryukyu企画発行

生活の中のウチナーグチ

 北は九州の南から台湾へ弧状につらなる島々を琉球弧とよんでいます。その中に沖縄諸島、宮古諸島、八重山諸島があり、それぞれに異なった琉球諸語(シマクトゥバ)がのこされています。

 琉球諸語は地域ごとに特徴があり、一般に奄美方言、沖縄方言、宮古方言、八重山方言に分類されています。かつて各地でウチナーグチが話されていた時代は、道一つ隔てただけでなまりが変わるともいわれていました。

 本書「ウチナーグチ入門」では、そのような多種多様な琉球諸語の中から、一般的とされる首里や那覇地域のウチナーグチ(スイクトゥバ)を取りあげ、様々なシチュエーションのウチナーグチを掲載しました。幼児語などの例外を除き、言葉とは一生を通じて用いられます。ウチナーグチもまた例外ではありません。本書を通読することにより、わらべうたや基本的な会話から、沖縄独自の表現である琉歌、さらに当時は政治・外交の面でも重要であった組踊に至るまで、仕事や育児や趣味など日常生活のあらゆるシチュエーションでウチナーグチを使っていたこと、その断片を見ることができます。

 さらに、ある種の「現代文」として昔ばなしの耳切坊主を日本語訳と共に再録してあります。日本語訳と対比させて読むことで、ウチナーグチが決して過去の遺物、古典世界の言葉などではなく現代社会においても十分に復権の余地がある言葉との認識を深めて頂ければ幸いです。

 とはいえ、本書はあくまでも琉球弧の中の一地域である首里や那覇のウチナーグチ、その中のごく一部を取り上げた入門書です。ここを入り口として、各地域のシマクトゥバ復興やウチナーグチへの誇りが育まれることがあれば、望外の喜びです。(徳元大也)

『沖縄の自然歳時記 季節と生き物ものたち』

掲載誌『月刊琉球』 2014年1月号 発行:Ryukyu企画

自然という文化

 「沖縄の自然歳時記 季節と生きものたち」は、春夏秋冬一年の季節を通じての沖縄の自然、とりわけ動植物を「文化的」視点から紹介した本です。

 「文化的」視点から沖縄の自然を紹介する、といっても分かりにくいかも知れません。例えば、本書には沖縄の自然を「分類学的」に紹介する本なら当然に掲載されるであろう「目」「科」「属」などの分類語はほとんど載っていません。その代わり例えば「アダン」なら、アダン・アダンギ(沖縄・奄美)、アダンムギー(宮古)、アザニ(八重山)と各地の方言が記述されています。

 また、本書のもう一つの特長として、種別ではなく季節を追って構成されている点が挙げられます。これもまた、「分類学的」書籍ではありえない構成だと言えます。しかし、だからこそ各々の季節での動植物の相互作用が想起できると言えます。

 本書が「分類学的」書籍ではないことを強調してきましたが、「分類学的」書籍でなければ何か。すなわち「文化的」視点からの書籍ということができます。 過日、とある講演会で「自然というのも文化の一つである」という話がありました。考えてみるとなるほど、自然に立脚しない文化というのは存在せず「文化的」視点から自然をみるということは、自然と文化のつながりを直視するということに他なりません。

 沖縄は「東洋のガラパゴス」と言われることがあります。なるほど、確かにそうなのかもしれません。しかしながら、我々ウチナーンチュはそのような「分類学」的視点のはるか昔から、沖縄の自然を沖縄の目線で語ってきたということ、その一端が垣間見える本書は沖縄文化社ならではの力作の一つです。(徳元大也)

『基地の島コンパクト事典』

掲載誌『月刊琉球』 2014年8月号 発行:Ryukyu企画

掲載誌『月刊琉球』
2014年8月号
発行:Ryukyu企画

 インターネットの普及に伴い聞かれなくなったことばに「ちょい引き」というものがあります。主に電子辞書のキャッチコピーのひとつで「気が向いたときスグに語意を調べられる」というようなニュアンスだったかと思います。なるほど、現在では「ちょい引き」どころかある程度専門的な内容までインターネットで検索が出来るようになりました。

 さて、この「基地の島コンパクト事典」は「基地の島キーワード」編、「沖縄の米軍基地」編、巻末資料編の三編に分かれており、沖縄の基地問題や米統治下の状況を読み解く上で、重要な単語や歴史的事件・事故、および現在まで続く在沖米軍の各基地についての解説が、沖縄の目線で解説されています。また、巻末資料にはニミッツ布告や祖国復帰闘争碑の碑文、沖縄戦後史を掲載し、単なる単語帳ではなくそれぞれの時代の文脈や背景を俯瞰できるような構成となっています。

冒頭の話に戻りますが、ある識者が紙メディアの必要性について次のように発言しています。『なぜ紙メディアが必要か?ホームページには「現在」しかない、歴史が刻印されないからである』と。二〇一二年一二月初版発行の本書には、今現在の基地問題に関するキーワード、「オール沖縄」や「建白書」についての記述は当然ながらありません。しかしながら、逆説的ですが、だからこそ価値があるとも言えます。二〇一二年一二月までに何があったのか、そこから何が起きたのか。

 来年で戦後七〇年になります。本書に掲載されている事柄も、読者によってなじみのあるもの、あるいは初めて耳にするようなものもあるかも知れません。本書が「現在」に追従するインターネットでは触れることの出来ない領域、すなわち「歴史」の断片と、そこから地続きの「現在」を考えるきっかけとなれば本望です。(徳元大也)

『沖縄の由来ばなし』

掲載誌『月刊琉球』 2014年7月号 発行:Ryukyu企画

掲載誌『月刊琉球』
2014年7月号
発行:Ryukyu企画

 辞書で「由来」ということばを引くと〝物事がいつ、何から起こり、どのようにして現在まで伝えられてきたかということ。また、その起源、歴史、来歴、いわれ〟と出てきます。昔から人々は、ふだん使っていることばや習慣、目にしているものが、どこからどのようにしてやってきたのかということを考え、それを語り継いできました。

 この「沖縄の由来ばなし」には、沖縄に関することばや習慣、歴史、地名など、いろいろな種類の由来ばなしが登場します。史実に基づくものもあれば、『むかしむかし…』で始まるようなものもありますが、それらを交差させて読むことで、古めかしいおとぎばなしと一線を画して読むのではなく、先人たちがのこしてきた沖縄に対する思いと、現在自分たちが立っている位置とのつながりが感じられるような構成としました。
 ある意味で由来ばなしとは、西洋的な学問以前の、土着の言語学、歴史学、地理学であり、そこには沖縄の精神性が含まれているとも言えます。例えば、古今東西の民話や神話において、蛇は河川や生命力の象徴として語られています。この本の中にも様々な形で蛇が出てきますが、それはどのような扱いでしょうか。海や天はどうでしょうか。由来ばなしを通じてこそ、脈々と受け継がれてきた沖縄的なものの見方や考え方が共有化でき、次代へ繋げられると考えます。

 また、由来ばなしに限らずあらゆる民話は、その土地のことばで語ることに、民話としての本来のすがたがあるかと思われますが、沖縄本島のみならず、宮古や八重山など先島の由来ばなしもふくめて、まずは、沖縄という場所の広さや深さを多くの人に伝えたいとの願いから、公用語としてのヤマトゥグチ(日本語)で収録しました。

 この本を通して、ふるさと沖縄を思う心がさらに育まれることを願っています。(徳元大也)