• J-009_Irohauta
  • J-009_Irohauta
  • J-009_Irohauta
  • J-009_Irohauta
  • J-009_Irohauta

琉球いろは歌と六諭衍義 程順則の教え

¥1,000(税込)

沖縄の肝心(チムグクル)
世界に広めよう!

著 者…座間味宗治
判 型…B6判 並製本
ページ…112頁
ISBN 978-4-902412-30-7

程順則の「琉球いろは歌」は、
六諭の精神を沖縄風に歌い上げたものであり、
沖縄の肝心である「やさしさ・親切さ・寛大さ」を
素直に表現していると感じられる。
(はじめにより)

<目次>
琉球いろは歌

六諭衍義
  孝順父母
  尊敬長上
  和睦郷里
  教訓子孫
  各安生理
  毋作非為

<著者紹介>
1937年 名護市(旧久志村)に生まれる
1970年 カンバランド大学卒業
1973年 ニューオリンズバプテスト神学大学院卒業
1976年 ルイジアナ州立精神病院にてアルコールインターン
1978年 ニューオリンズアルコールリハビリセンター勤務
1979年 ルイジアナ州立大学院卒業
1980年 東京都立総合医学研究所非常勤
1983年 沖縄キリスト教学院短期大学、琉球大学、沖縄国際大学、名桜大学等で社会病理学の講義を担当。また、臨床心理士として十数年間スクールカウンセラーを務める

主な著書に
『比較文化精神医学』(共訳)『戦後の家族』(共著)
『米日沖縄のアルコール家族』『子孫に伝えたいしまくとぅば 黄金言葉』その他多数